document centricとか言ってみたかっただけ

やーーっとiCloud Storage APIの使い方が分かってきた。
URLForUbiquityContainerIdentifier:の戻り値はlocalhostで正解ですよ、と。

でも、あれ、もしかしてiCloudって、知らないアプリケーション同士ではファイルを共有できない? クラウドにプレーンなテキストファイルを置いて色んなアプリケーションでそれを見る、って使い方が理想だったのに。

メモ.appなんかだとメールのアカウントにそういった領域を作っているが、これはどうやるんだろう。しかしこっちのほうがずっと難しそうだ。



UbiStroke 1.1 on iOS 5

UbiStroke 1.1がiOS 5で動かないとの報告をいただきました。
当方でもiOS 5のiPad(iPhoneモード)にて項目を選ぶと異常終了することを確認しました。
FructoNoteの開発を一時中断し、UbiStrokeの修正に集中します。
しばらくお待ちください。

UbiStroke 1.1 won't work on iOS 5. I will fix the issue as soon as possible.



allintext: いいえ

iPad用次回作が泥沼化してきたので、ムシャクシャして作った。今では公開している。

http://diairetis.jp/allintext

知る人ぞ知るGoogleの裏技「allintext検索」をコンテクストメニューからやるだけのSafari 機能拡張です。なんだか最近Googleで思うような検索結果が出ない、そもそもキャッシュにキーワードがないとお嘆きのあなた。allintext検索ならばあの「これらのキーワードは、このページにむけて張られているリンクに含まれています」とおさらばできます。

+allintextでぐぐっても795件しかないこんな世の中じゃ。(最初に現れるヒット数は重複を含む価値のない数字。最後のページに現れる「最も的確な結果を表示するために、上の○○件と似たページは除外されています。」が本当の数字)

え、ブックマークレットでいいんじゃないかって? それは俺も作ってから気づいたよ!


MacBook HDD 交換 OR 換装

そういえばというか実はというか、8月初めくらいにMacBook (Late 2006)のHDDが壊れた。

5年前にiBook (16 VRAM)が壊れたときは狼狽えたものだが、もうあの時と同じ轍は踏まない。
データはちゃあああんとTime Machineでバックアップしてある。バックアップ先も外付けHDD 2台のRAID 1(ミラーリング)なので万全だ。
MacBookを買うときにつけた5年補償がまだ効いている気がするが、これを機にSSDにした。容量は同じ120GB。

MacBookのHDD交換は簡単——という話だったが最初SSDがうまく挿さらず、よく見たらMacBookのなんかゴムみたいなパッキンというか防振材のようなものが外れており、HDDが壊れたよりもこっちで狼狽えた。
iPadで調べてみると少なからずあることらしい。←ここでiPadがなかったら詰んでた

本当は恐ろしいMacBookのHDD換装
http://www.portalshit.net/908

願わくば今後「MacBook HDD 交換」あたりでぐぐるとこちらのページが1番上に来ますように。一番題名にインパクトがあったので。

かくして無事にSSDを入れ、Time Machineから復元して元通り。
いかにもページアウトしてますみたいなもたつきが減った気がする。
俺のMacBookは以前にRAMも4GB(実質3GB)にしたし、膨張したバッテリーも交換した。
これであと5年は戦える!

OS X 10.8でCore 2 Duo機も切られたりして。





Safari Blocklist 0.2

Safari Blocklist 0.2を公開しました。

Safari 5.1に対応しました。Mac OS X 10.6.8でしか確認できていませんが、OS X Lion 10.7でも動くと思います。あと何気に各国のGoogleでも動くようにしました。

http://diairetis.jp/safariBlocklist

<script src="xxx.js" />
という書き方がSafari 5.1ではダメで、
<script src="xxx.js"></script>
としなければならないようでした。