UbiStroke

UbiStroke 画面

ときどき無性に漢字が書きたくなりませんか?

UbiStrokeは、「書くエンターテインメント」です。いつでもどこでも、漢字を書きたい人が書きたい時に書ける場を最短で提供します。

何らかの器官のトレーニング効果を謳うものではありません。

UbiStrokeアイコンApp StoreのUbiStrokeページ


概要

UbiStroke 画面UbiStroke 画面UbiStroke 画面

只管に漢字を書く場が与えられます。また多少のゲーム要素・学習要素も用意しました。なかなか漢字を思い出せないあの感覚がタッチスクリーン上に蘇ります。

筆順を知ることはできません。採点や判定の機能もありません。手書き文字認識もありませんが、iPhoneの繁体字中国語(または簡体字)入力機能を用いれば、知らない漢字の読みを手書きで探すといった使い方もできます。ただ日本語固有の漢字は出てきません。Appleが次期iOSで日本語の手書き入力をサポートしてくれることを願います。

動作環境

iOS 3.0以上のiOSデバイスが必要です。iPhone 3G/iOS 4.2とiPad(iPhoneモード)/iOS 5.0で動作を確認しました。

収録内容(内容は2009年6月当時のものです)

乱書き

ただお手本が表示されるモードです。

常用漢字(1945字)
文化庁制定。書けて当たり前?
人名用漢字(985字)
常用漢字以外で、人名用として定められている漢字です。現代社会において咄嗟に書けないと困る可能性が最も高いと思われます。
地名(45字)
全国の市区町村郡名のうち、「常用漢字でも人名用漢字でもない」ものです。意外にも45字しかありませんでした。なお、字が重複する場合は全国地方公共団体コードの若い地名のみ載せています。
JIS第一水準(2965字)
日本工業規格制定。
JIS第二水準(3390字)
日本工業規格制定。一生書くことなどなかったであろう、キメラのような漢字ばかりです。
教育漢字(学年別)
内容は「外国人向け」のものと同じです。

出題形式

例文にあるカナの漢字を書くモードです。手書き文字認識機能はないので、判定はセルフサービスとなります。

一般(939字)
常用漢字のうち、教育漢字を除いたものです。
交ぜ書き(288字)
「親せき」「ごう慢」など、なんだかときどき見かける所謂「交ぜ書き」が問題になっています。

外国人向け

外国人向けの内容です。

教育漢字(1006字)
日本の小学校で習う漢字1006字を英訳つきで載せています。
ひらがな(71字)
ひらがなです。
カタカナ(71字)
カタカナです。

ギャラリー

ギャラリー画面

書いた字はサムネイル化されギャラリー画面に並びます。

バージョン履歴

バージョン 日付 内容
1.1.5 2011/10/27 iOS 5対応、など。
1.1 2010/05/10 検索機能を追加、など。
1.0 2009/06/24 公開。

参考